庄原市では年々空き家となる家屋や宅地が増えています。これら物件の多くはその所有者が居住することなく、経年劣化により周辺地域の防災、防犯、衛生環境などに深刻な影響を与えています。

一方で、都市部から庄原市へ移住し、昔ながらの家を手に入れて庄原市で豊かな生活を始めたいと願う移住希望者も年々増えています。

庄原市は、空き家物件が周辺地域へ悪影響を及ぼすことを未然に防止し、また移住希望者の庄原市への定住を促進することを目的として、
庄原市への移住希望者に庄原市内の空き家物件を紹介し、所有する空き家物件の売却または賃貸を希望する「空き家オーナー」と庄原市への移住希望者のマッチングを行う「しょうばら空き家バンク」を運営しています。

その空き家、放置しますか?

もしかして、あなたが所有されている家屋は空き家になった時からずっと、放置されたままではありませんか?

誰も住まない家屋は定期的に空気の入れ替えを行ったり掃除したりしないと、急速に劣化してしまいます。
劣化した空き家は手放すにも手放せない不良債権となってしまいます

 

しょうばら空き家バンクに登録できる物件

しょうばら空き家バンクに登録していただける物件は、少なくとも以下の条件をすべて満たす必要があります。

  • 当該空き家(空き地)物件の所在地が広島県庄原市であること。
  • 登録のための物件の現地審査に申請者が立ち会うことができること。
  • 当該空き家物件の相続登記が正しく完了していること(できていない場合でも、ご相談ください)
  • 当該空き家物件が人が住むことができる状況にあること、あるいは軽微な修繕によって人が住むことができる状況になることが見込まれること。

 しょうばら空き家バンクへの登録可否の判定は総合的に判断されます。
上記の条件をすべて満たす場合においても登録されない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

しょうばら空き家バンクへの登録申請手順

庄原市内の空き家・空き地物件をしょうばら空き家バンクへ登録いただくために、その物件の所有者様には以下の手順で登録申請手続きをとっていただく必要があります。

  1. 申請する物件が登録条件を満たすことを確認する
  2. しょうばら空き家バンクへ登録を希望する旨を伝える
  3. 物件の外観審査を受ける
  4. 物件の現地審査の日程調整を行う
  5. 物件の現地審査に立ち会う
  6. 登録申請に必要な書類を準備する
  7. 申請書類を提出する
  8. 物件の最終審査を受ける

空き家バンクへ掲載している物件について、“買い手がついた”“取り壊した”などの理由で、掲載を取り下げたい場合は、物件情報取消届の提出が必要です。

また、空き家バンクを通じて売買が成立した場合にも、同様に届け出が必要です。届け出がない場合、物件情報がいつまでも公開された状態となりますので、特に入居日が決まった場合は速やかに連絡の上、届け出をお願いします。

空き家バンクへの物件登録期間は2年間です。

登録期間終了後も引き続き掲載を希望される場合は、物件登録更新届の提出が必要です。

期限の年度にはご案内させていただきます。その際、再度物件の審査を行います。
再審査にあたって所有者と連絡がとれない場合は、期間満了後自動的に公開終了となりますのでご注意ください。

sample

電話番号: (0824)75-0600
広島県庄原市中本町二丁目13番24号
庄原市総合サービス株式会社 定住促進事業係

庄原市中本町一丁目10-1
庄原市役所 企画振興部 自治定住課 定住推進係

ABOUT US

しょうばら空き家バンクは、庄原市が企画・管理する空き家バンク制度です。

庄原市総合サービス株式会社 定住促進事業係 はしょうばら空き家バンクの運営を受託しています。

しょうばら空き家バンクとは

しょうばらってどこ?

sample

 

広島県の最北東部、中国山地の真ん中に、西日本最大の面積を持つ地方自治体として存在します。

  • 広島市へ: 高速バスでおよそ2時間
  • 広島空港へ: 自動車でおよそ1時間10分
  • 新大阪へ: 高速バスでおよそ4時間20分